オーストラリアでワーホリに行く際のVISAの取得

オーストラリアでワーホリの VISA を申請する方法

オーストラリアはワーホリの渡航先として最も人気のある国となっており、温暖な気候でマリンスポーツが楽しる上におしゃれなカフェ・街並みが多いことから憧れの土地になっている人も多いでしょう。そんなオーストラリアでのワーホリでは最長で 2 年間滞在することが可能であり、他の国に比べてより内容の濃いワーホリを楽しめるという人も多いようです。そんなオーストラリアでの憧れのワーホリ生活を最大限に楽しむべく、ビザ申請はポイントをおさえてスムーズに行いたいものです。

オーストラリアのワーホリビザ申請はまず、ImmiAccount(イミアカウント)と呼ばれる移民省のビザに関するサイトのアカウントを作成することになります。このアカウントを用いサイト内でワーキングホリデービザの申請を開始しますが、情報を保存したり申請を再開したりする役割も果たす他、申請の処理状況の確認などもこのアカウントを通して行われます。
そんなイミアカウントを利用し、まずは一般的な個人情報を入力していきます。その後健康及び人格に関する質問に答え、虚偽がないことを宣誓する形となります。その上で支払いを済ませるとビザ申請は完了となり、数週間以内にビザ取得の通知が届きます。

 

VISA 取得の際の注意点

オーストラリアのワーホリ対象年齢が 18~35 歳までへと引き上げられたことは、31 歳以上でワーホリを諦めていた人たちへの朗報となりました。他の国でのワーホリに比べ選択肢も実に多いオーストラリアでの生活を楽しむべく、ビザ申請は丁寧に行って確実に取得したいものです。オーストラリアのワーホリビザの審査完了にかかる期間は 7 割近くの人が 14 日以内となっており、34 日以内には 9 割の人がビザを取得することができます。オーストラリアのワーホリビザ取得は比較的容易に行えるとされていますが、虚偽の入力などは禁忌となりますし、人によっては追加書類の提出や健康診断を求められるケースも見受けられます。そのような場合でもイミアカウントをできるだけチェックしておき、速やかに要求に対応していくことが重要となります。オーストラリアはビザがなければいかなる理由でも入国は認められませんから、ワーホリ制度を利用する場合にも確実にビザを取得しなくてはなりません。憧れのオーストラリア生活を満喫するためにも確実にクリアしなければならない関門として、ワーホリのビザ申請は不備のないよう余裕をもって完了させたいものですね。

a