カナダでワーキングホリデーをしよう!

カナダのワーキングホリデーでは何ができる?


ワーキングホリデーの滞在先としてオーストラリアとその人気を二分しているカナダは、高い水準の教育と生活環境が整っている一方で広大な自然も満喫できる魅力的な国です。カナダの英語は比較的訛りが少なくクリーンで、日本人が英語を学びやすい環境が整っています。中にはモントリオールのようにフランス語が使われている地域もあり、英語もフランス語も学びたい人にはカナダはぴったりです。さらに、アメリカと陸続きであるためアメリカ観光も気軽に楽しめるほか、雄大な自然が広がりオリンピックの開催地となったことも多く、ウィンタースポーツが盛んです。また、バンクーバーやトロントなどの大都市には日本食のお店も多数存在し働き口が多いですが、地方ではファームステイなどを行うこともできます。このように、就労の面でもアクティビティの面でも、実に多様な選択肢があるのがカナダのワーホリの特徴だと言えます。

語学学校へ通える期間は?


訛りの少ない洗練された英語を学べるカナダでは、ワーキングホリデービザの人が語学学校に通える最長期間は 6 ヶ月までとたっぷり設けられています。この期間内であれば自由に学校を変えたり、学ぶ英語のジャンルをビジネス重視のものに変えたりすることも可能となっています。どの程度の期間学校に通い、いつ卒業するかは英語力やワーホリの目的によっても異なります。現時点での自らの英語力やワーホリで成し遂げたいことを考慮し、エージェントや学校側とも相談しながら学校に通う期間を慎重に決めましょう。

 

費用はどれくらいを見ていたらいい?


カナダでのワーホリが楽しかったという声は多いですが、気になるのはその費用です。カナダで語学学校に 4 ヶ月通う場合には、40~50 万円ほどの費用がかかることが多いです。また、カナダの物価は日本と類似している部分が多いですが、チップ制度があることも覚えておきたいところです。尚、カナダの最低賃金はブリティッシュコロンビア州及びオンタリオ州で$10.25 となっています。学校に通う期間によっても必要な費用は変わるものの、生活費は一月 10 万円ほどが平均となりますから、最低でも 100 万円程度の資金は必要だと言えます。語学学校に通う期間が長い人や余裕をもちたいという人は、200 万円ほどを用意しておくと無難でしょう。余裕をもってワーホリに向けて準備をし、最大限に学び遊べるカナダ生活を実現したいものですね。