ワーキングホリデーに行くタイミングって?

ワーキングホリデーに参加するベストな年齢ってあるの?


協定を結んでいる国との間で休暇を楽しみながらさまざまな体験を積むことができるワーキングホリデー制度は、通常の語学留学以上に人気があります。ワーキングホリデーに参加できるのは18歳から30歳までと決まっていますが、
ティーンの頃に参加する人もいれば、制限ギリギリの30歳手前になって参加する人もいるものです。語学を身につけるのはできるだけ早いのに越したことはありませんが、参加可能年齢ギリギリであっても、自分が行きたいと思い立ったタイミングで人生が大きく変わることもあります。よって年齢に関わらず、ワーホリでできることや得られるものは自分のインスピレーションやモチベーション、そして目的次第だと言えます。

 

ワーキングホリデーはどの時期に行くのがベスト?


ワーホリに出発するタイミングというのは非常に決めるのが難しいですが、自分のやりたいことを行える時期に行くのがベストだと言えます。温暖な気候の中でマリンスポーツを体験したい人は渡航先での夏に、ハロウィンやクリスマスなどのイベントを楽しみたい人は秋から冬に、と、できるだけその地域に慣れ親しんだ状態で滞在していたいものです。それを考慮してワーホリのスタート時期も考えたいものですが、一年間みっちりと海外生活を考えている人は、
時期を気にしすぎずモチベーションが下がらないうちに出発するのもアリだと言えます。

 

行く国によってオススメ時期は違う?


また、行く国によってもオススメの時期というのは異なります。まず忘れてはいけないのが南半球は北半球とは基本的に季節が逆転するということです。オーストラリアなどは一年を通して比較的温暖な気候ですが、地域によって四季があるところもあれば、乾期と雨期に分かれる地域もあります。さらに各国において夏と冬では行えるアクティビティが異なります。カナダのトロントなどは冬の寒さがかなり厳しいことでも知られています。このように地域の気候の特色もしっかりと理解した上で、自分が真っ先に行いたい仕事やアクティビティ、語学を身につけてから行いたいことを整理しておくとよいでしょう。

 

ワーキングホリデービザの有効期限


ワーキングホリデービザは、発行から 1 年間有効となり、入国した日から 1 年間労働をしながらの休暇を楽しむことができます。そのため、余裕をもってビザを取得した上で、自分のやりたいことをベストなタイミングで行える時期まで待って、渡航するというのもアリでしょう。もちろん、モチベーションが高まっているためにビザを取得してからすぐに出発する人も多いです。自分のやりたいことは何かを再確認した上で制度をうまく利用すれば、自分の人生を大きく変えるような素晴らしい体験ができる可能性も、ワーホリには十分に秘められているのです。

 

 

お問合せはこちらから!留学に関してなど、お気軽にお問合せください!

送信前にお問い合わせ内容を確認し、チェックボックスをクリックしてください。

入力していただいた個人情報について、不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。

入力していただいた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

入力していただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

個人情報の取り扱いの全てもしくはその一部を外部に委託する場合、委託を受けた者に対して適切な監督を実施します。