留学先で友達を上手くつくるには

「知ってほしい、知りたい」という気持ちを言葉でアピール

はじめての留学体験では、知らないことや初めて目にするもの、初めて行う行為が目白押しとなります。そんな中で、後悔のない留学生活を送るためには友達作りが非常に重要な役割を果たします。なかには友達が上手くつくれるか不安だという人も多いことでしょう。留学先でスムーズに友達を作っていくには、ちょっとしたコツがあります。それは自分のことを知ってほしいという気持ちと相手のことを知りたいという気持ちを、しっかり言葉で伝えることです。留学先では異なるバックグラウンドを持つさまざまなタイプの人々が集まりますから、知らないことや驚きがあって当たり前です。だからこそ、言葉を通じたコミュニケーションによって、相手のことを理解し自分のことを理解してもらう必要があるのです。

 

自分の知っている言葉で積極的に話す

言葉で気持ちを伝えることが重要だと言っても英語で会話しなければならない以上、うまく伝えられるか不安かもしれません。しかし、知っている言葉が少ないことにばかり気持ちがフォーカスしていると、伝えられるはずのことも伝えられずに終わってしまいがちです。重要なのは、自分の知っている言葉をなんとか組み合わせて、しっかりアピールすることです。同じ留学生であれば相手も頑張ってコミュニケーションをとろうとしていますから、自分の知っている言葉で積極的に話すことで、お互いへの理解が深まるのです。

 

自分から積極的に話しかける

日本人はよく控えめでシャイな人が多いと言われます。しかし日本人に限らず、留学に不安を抱いているのはどの国の人でも同じことです。話したいのになかなか話しかけられないという人は多いですが、友達を上手くつくるためには自分から積極的に話しかけることが重要となります。留学は誰にとっても大きな挑戦です。その挑戦の中でどれだけ成長できるかは、自分がどれだけ積極的に行動を起こしたかによるのです。後悔しないためにも、仲良くなりたい・友達をつくりたいと思ったときをチャンスととらえ、自分から率先して会話をスタートさせましょう。

 

相手の好きなこと、興味や部活動についてを聞いてみる

自分から積極的に話しかけるのが重要とはいっても、何を話すべきかを深刻に考えすぎる必要はありません。お互いのことを全く知らない状態からスタートするわけですから、趣味や好きなことなどに関して簡単な質問を投げかけることから始めてみましょう。そうすれば同じ質問を返してくれるかもしれませんし、思わぬところで共通点などがみつかるなど、すぐに仲良くなれることもあるものです。

 

お問合せはこちらから!留学に関してなど、お気軽にお問合せください!

送信前にお問い合わせ内容を確認し、チェックボックスをクリックしてください。

入力していただいた個人情報について、不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。

入力していただいた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

入力していただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

個人情報の取り扱いの全てもしくはその一部を外部に委託する場合、委託を受けた者に対して適切な監督を実施します。