留学のゴールって?

夢や目標がなくてもあせらない

グローバル化が進んだ現代において、留学してみたい!という学生は非常に多く、それはもちろん悪いことではありません。しかし、多くの人が留学を経験し、海外で勉強をするのが当たり前のような風潮すらある中で、留学の具体的なゴールを見つけられずに焦ってしまう人も少なくありません。自分の将来のキャリアに大いに役立つ留学ですが、夢や目標が具体的に定まっていないとしても決して焦る心配は全くないのです。むしろ、留学先で自分の選択肢を広げる・目標をみつけるつもりで勇気を振り絞り一歩踏み出すことは、のちに自分自身に大きな価値や感動をもたらしてくれることでしょう。

 

異なる文化圏の人々と繋がる

留学でのゴールが決まらず無為のままに過ごすのは嫌だという人も多いかもしれませんが、異なる文化を背景にもつ人々と暮らす生活は、驚きと発見の連続です。そのため、異なる文化圏の人々と繋がり交流を深めること自体にも大きな意味がありますし、その中ではさまざまな疑問が生まれて自分を見つめ直す機会も多々あることでしょう。そのような経験を通して異文化を理解し多様性を愛する心を養うことは、自分がどのような道を今後歩むかに関わらず、かけがえのない財産となるのです。

 

将来の選択肢を広げる

留学のゴールや将来の目標が具体的に決まっていないとしても、留学によって将来の選択肢を広げることができます。留学ではさまざまなバックグランドや事情をもち合わせている人と繋がることができますから、その中で自分にはこんなこともできるかもしれない、こういうことをやってみたいと、より壮大なビジョンを掲げられるようになるかもしれません。英語には水平線の意味をもつ「horizon」を使った“expand one’s horizons”(視野を広げる)というフレーズがありますが、広い視点をもって物事を捉え自分の将来の選択肢を広げられることこそ、留学の醍醐味だと言えます。

 

「まずは行ってみる」精神が大切

将来が定まっていないから留学しても意味がないのではなく、むしろ目標が決まっていないからこそ留学してみよう!と意気込んで挑戦した結果、留学で多くの経験をしたことで自分の道を突き進めたという人も少なくないものです。
始めの一歩を踏み出すのは勇気のいることですが、そのちょっとの勇気こそが、自分の将来を左右します。どんな人であれ留学に不安はつきものですが「まずは行ってみる」という精神をもつことで、自分にしかできない特別な経験を積むことができることでしょう。

 

お問合せはこちらから!留学に関してなど、お気軽にお問合せください!

送信前にお問い合わせ内容を確認し、チェックボックスをクリックしてください。

入力していただいた個人情報について、不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。

入力していただいた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

入力していただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

個人情報の取り扱いの全てもしくはその一部を外部に委託する場合、委託を受けた者に対して適切な監督を実施します。