日本人には難しい英語の発音!できるだけ留学前に克服していこう

留学前に発音を練習する意味とは?

日本人が流暢な英語を話せるようになる過程で、最も苦労すると言われているのが発音です。日本語にはない難しい発音はたくさんあるわけですが、留学したならもちろん英語を話さなくてはいけません。しかし、発音がうまくいかないと円滑なコミュニケーションが取れないことが多々あります。なので発音はしっかり練習する必要があるのです。特に留学開始直後はネイティブの発音に驚いてしまう人も少なくありません。前もって発音の練習をしておくことは、綺麗な発音を習得するためだけでなくリスニング力を引き上げるためにも重要なのです。

発音を練習するコツ

発音の練習をする際には、ネイティブの発音を聞いた後に模倣して自分が発音してみるという反復練習が効果的です。この練習を行う上では、発音練習用の CD などを利用するという方法もありますし、インターネット上の動画なども案外教材になり得るものです。しかし、最も効率的なのはネイティブのチューターによって直接教わる方法です。その場で発音を修正してもらったりうまく発音するコツを教えてもらったりできるというメリットは非常に魅力です。

英語の発音の難しさ

「th」の発音

日本人が苦労する発音の代表格として挙げられるのが、「th」です。「th」は音としては「s」に近く日本人は混同しがちですが、日常的にこれらの発音を使い分けている英語圏の人々にとっては明確な違いがあります。そんな「th」の発音は、舌を前方に突き出して歯の間に挟み、息を吐き出すことで行います。この発音単体では決して難しくはありませんが、単語として発音するときやセンテンスの中で発音するときには難易度が上がるので、さまざまなシチュエーションで練習して慣れるのがよいでしょう。

「L」「R」の発音

英語を学ぶ上では、英語力が飛躍的に引き上げられたと実感できる瞬間がいくつかあります。そのひとつが「L」「R」の発音の違いを理解してうまく発音できたときでしょう。これらをうまく発音するためにはまず、「L」も「R」も日本語のら行とは異なる発音であることを理解しておきましょう。まず「L」ですが、こちらは舌を口蓋に当てて舌の両脇から息を漏らすようにして発音します。一方の「R」は、舌を上顎に近づけるだけで触れさせず、その隙間から音を出すことになります。舌が口蓋に接着させるか否かという違いを抑えて発音の練習をすれば、うまく発音できるようになるでしょう。

「F」「V」の発音

また、見落としがちではあるものの「F」「V」もしっかり違いを意識して発音する必要があります。「F」は上の歯を下唇に当てつつも隙間から息を吐き出すようにして発音します。一方の「V」は同じように上の歯と下唇が接触していますが、息を吐き出すというよりも振動してむず痒い感覚が生じることになります。このように歯の位置が同じとなる「F」「V」の発音も、その違いを明確に整理した上で練習を進めていけば、聞き取ることも自ら発音することも容易となるでしょう。

 

 

お問合せはこちらから!留学に関してなど、お気軽にお問合せください!

送信前にお問い合わせ内容を確認し、チェックボックスをクリックしてください。

入力していただいた個人情報について、不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。

入力していただいた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

入力していただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

個人情報の取り扱いの全てもしくはその一部を外部に委託する場合、委託を受けた者に対して適切な監督を実施します。