海外旅行先でのスマホ、WiFi、お金事情

今使っているケータイやスマホはこのままでも大丈夫?


海外旅行において最も心配になることのひとつとして、スマホが渡航先でも使えるかどうかということでしょう。実は海外でもスマホを使うことは可能なんです。でもそのままだと通信料が莫大になってしまいます。そのため、留学時などには渡航先のキャリアを利用して携帯の契約を行うのが一般的です。短期間の海外旅行においては現地のフリーWi-Fi を利用する人が多いです。しかしフリーWi-Fiの場合は接続できる場所が限られてしまうため、マップや SNS などを頻繁にチェックしましょう。快適な旅を送りたい場合には、レンタル Wi-Fi などを利用するのもおすすめです。

 

レンタル wifi って?


緊急時などは仕方なくWi-Fi なしでスマホを使用するが見受けられることもありますが、レンタルWi-Fi によって旅の快適さは大きく変わります。レンタル Wi-Fi は、ルーター一台でも複数の端末を Wi-Fi につなぐことが可能であり、現時点では速度も申し分ないモデルが増えているようです。レンタルの際には前もってネットで予約をして、出発空港で受け取り、帰国時に同空港に返却するのが一般的となっています。一日あたりの利用金額は 1000 円程度が相場で、携帯会社の海外パケット定額などを利用する場合に比べ費用を 3 分の 1 ほどに抑えられます。充電するだけで毎日使用できますし、コンパクトなため持ち運びもさほど不便ではない上に複数人でシェアできるので、グループでの旅行にも適しています。

 

お金はどうしたらいいんだろう


海外旅行においてケータイやスマホ以外で懸念される点といえば、やはりお金に関してでしょう。欧米諸国への旅行の場合には、VISA や Mastercard などであれば使えないというケースはめったに見受けられません。ほとんどの支払いをクレジットカードで済ませるという人も少なくありません。クレジットカードで支払える場面ではできる限りクレジットカードを利用するのが無難だと言われています。しかし、どうしても現金を使用しなくてはならない局面も存在するものです。そのようなときには、クレジットカードを利用して現地でキャッシングを行う人も多いです。キャッシングをしたとしても延滞がない限り信用履歴に影響は出ませんし、キャッシングには手数料が比較的安いというメリットもあるようです。もちろん渡航前に 2~3 万円程度の現金を両替しておくと安心ですが、そのタイミングによってレートや手数料なども変わるので要注意です。

 

両替をするタイミングは?


海外旅行においては基本的にクレジットカードを使うというスタンスを身につけておくのが快適な旅を送る上で重要になりますが、現金を携帯する場合には両替のタイミングも重要となるでしょう。タイミングによってはレートが変動するため、損得を気にしてしまう人も多いかもしれません。しかし、旅を心から楽しむためにはレートによる損得は気にしすぎる必要はないかもしれません。両替するタイミングですが、渡航先によっては日本円を両替できない場合もありますし、手数料が高くつく場合もあります。そのため、現金を携帯することを決めているのであれば、渡航前に国内で両替を済ませておくのが無難です。出発直前に空港で両替をする人も多いですが、空港の手数料は多くの銀行の手数料とほぼ変わらないことが多いです。一方で、FX での両替手数料は比較的安いことが知られています。両替を行う前には、このような違いも調べておくとお得な両替ができるでしょう。もちろん現金を使うか定かではない旅行の場合には、最低限の日本円を携帯していくというのもアリです。旅行先や旅行期間も考慮し、自分にとってベストとなる支払い方法や両替のタイミングを選択し、快適な旅を送りましょう。