留学準備で知っておくべき英語の挨拶

留学先での「調べておけばよかった」をなくす

留学前にはまず、簡単な英語の挨拶からしっかりと調べて覚えておきたいものです。留学先で一から英語だらけの生活をスタートするのですから、前もって調べておかないとうまくコミュニケーションをとれずに後悔してしまうケースも見受けられるものです。調べておけばよかったと後悔するのを避けるためにも、簡単な挨拶はもちろん、留学先でよく使うフレーズを中心に想像力を働かせて下調べをしておくことが重要です。

 

留学先のシーンを思い浮かべる

たとえ簡単だと思って油断してしまうようなフレーズだとしても、使う状況をしっかりイメージしていないと、いざというときにフレーズが出てこないものです。“Good morning” などすぐに使う場面が想像できる挨拶がある一方で、簡単なようでいて使う場面が曖昧なフレーズや、話す相手によって適切な表現が異なる挨拶なども案外多く存在するものです。そのため留学先で誰とどのような状況で会話するのかを具体的に思い浮かべながら挨拶を学んでいくのがベストです。

 

具体的な会話内容を思い浮かべる

英語のフレーズをそのフレーズだけで覚えたとしても、現地でのスムーズな会話には結びつかない場合もあります。コミュニケーションというのはあくまで言葉のキャッチボールであり、自分の言葉に対する相手の返事があってはじめて成立するものだからです。そのため、相手の言葉に対するさらなる返しまでを想定して留学前に勉強しておけば、円滑な流れで会話を進めることが可能となります。

 

日常会話 / 学校での会話でよく使う英語の挨拶

留学前にはまず、生活の大部分を占めるステイ先学校での会話を想像して便利なフレーズを覚えておきたいものです。ステイ先ではじめて挨拶する際に“I’m ~(名前)” “Nice to meet you.” (はじめまして) と名乗るのはもちろん、“I’m leaving. Have a nice day!” (行ってきます) や“I’m coming home late today” (今日は遅くなります) など、同じ屋根の下に住む者としてお互いが快適に暮らすために必要なことをしっかり伝えるようにしましょう。また、学校では “Where are you from?” (どこから来たの?)“How long have you been here?” (どのくらいここにいるの?) といった挨拶をうまく使うと、様々なバックグラウンドをもつ人が集まる中で友人を作りやすいものです。 また、友人同士の会話には、調子を尋ねる文句として “How are you?” だけでなく“What’s up?”  “How’s it going” などもよく飛び交うので、覚えておきたいですね。

 

 

お問合せはこちらから!留学に関してなど、お気軽にお問合せください!

送信前にお問い合わせ内容を確認し、チェックボックスをクリックしてください。

入力していただいた個人情報について、不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。

入力していただいた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

入力していただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

個人情報の取り扱いの全てもしくはその一部を外部に委託する場合、委託を受けた者に対して適切な監督を実施します。