留学準備は英語の教科書が正解?!

留学は行く前の準備が大切

留学で英語を身につけようとすることは、とても素晴らしいことです。その素晴らしい留学を充実したものにするためには渡航前にしっかり準備しておくことが重要です。
日本での環境から離れ、いきなり現地でネイティブの英語が飛び交う中に身を置くことになりますから、準備をしっかりしておかなければ戸惑いが先だってしまい楽しく英語を学ぶことが難しくなる場合もあります。そのため、英語の教科書を使った学習などを通じて、前もって英語に慣れ親しんでおくとよいでしょう。

 

現地で触れる英語に、日本で触れる (英語の教科書を使った英語学習について)

海外で英語漬けの生活をスタートさせる前に、日本で事前に準備できることは意外と多く存在するものです。
まずは教科書を使って英語に慣れ親しんでおく、というのも語学力を効率的にアップさせる学習法のひとつです。
「教科書」ということではじめはどうしても難しく感じてしまうかもしれませんが、構えることなく肩の力を抜いて「留学前に少しでも英語を覚えよう!」と楽しみながら英語を学ぶとよいでしょう。

 

英語の教科書を読み解くコツ

はじめは英語の教科書を読むという作業は億劫でしかないかもしれません。しかしそれは一語一句の意味を正確に読みとらなければならない、と思い込んでいるからかもしれません。
まずは全体として「この文章は何が言いたいのか」ということにフォーカスするとよいでしょう。
語彙力を上げるためには案外長い時間がかかりますが、全体的な雰囲気や伝えたいことを大まかに推測する力を教科書を読むことで養えば、留学先でも『英語が分からないために何も話せなくなる』という状態を避けることができます。

 

英語の教科書を活用することで期待される効果

英語に不慣れなままだと、留学先で先生やクラスメイトの言うことがまるでわからず、答えに窮することもしばしばあるものです。
そこで、前もって英語の教科書を用いて基本となる単語や挨拶などを定型文として学んでおけば、スムーズなコミュニケーションを始めやすくなります。
その上で英語でのコミュニケーションの流れを大まかに掴み取っておくと、完璧ではないにしろ相手の言いたいことを理解し、自分の伝えたいことを伝えやすくなるものです。
また、事前に英語に触れていることで、英語に対しての抵抗が少なくなっていれば、留学先でも楽しみながら学んでいけることでしょう。

 

(最終的には) 英語じゃなくても OK!

日本にいるうちはどうしても日本語に甘えがちになりますが、教科書をうまく用いることにより英語に触れる時間を長くすれば抵抗感を少なくできることでしょう。
もちろん英語の教科書を使った学習法が全てではありません。他にも留学前に英語に触れる機会を作ることは可能です。
映画やドラマを吹き替えではなく字幕で観たり字幕を英語表示にしてみたり、まわりの英語が堪能な人と会話したりするなど、
英語を学ぼうという強い意欲があれば留学前でもできることは案外多いものです。
積極的に自分から英語に関心を持ち、さまざまな方法で少しでも英語に慣れ親しんでおきましょう。

 

お問合せはこちらから!留学に関してなど、お気軽にお問合せください!