留学準備で英語を学ぶときの心得

留学前に、英語を学ぶ

留学前に英語を学ぶことは、留学を考えている人にとっては最も大切な準備のひとつです。確かに留学体験は英語力を飛躍的に向上させる絶好のチャンスですが、そのチャンスをフル活用するためにも、留学前の英語学習が非常に重要となります。留学前にどれくらい英語に馴染んでおくか、留学のことを想像して単語やフレーズの学習をできるかによって、留学後の成果というのは変わってくるものです。留学を通じてネイティブの言っていることを理解し自分も堪能に英語を話すためには、留学前に効率的な方法で英語学習に励みましょう。

 

英語の勉強は、教科書を読むのがゴールじゃない

英語を学習する上で最もスタンダードな方法のひとつであるのが、教科書を読むことです。教科書を読むことで、日本では日常的に使う機会の少ない英語に触れる時間を長くすることはできますし、リーディングスキルや語彙力などをアップさせることにもつながります。しかし、教科書を読む勉強方法が、必ずしも留学先での生活に最も役立つ学習方法だとは限りません。教科書をスラスラと読めるようになるのはゴールとして定めるのではなく、あくまで留学前の英語学習方法の一環として、他の勉強法とも合わせて活用していくのが望ましいです。また、英語の教科書を使った学習にしても、どれだけ留学中のことをイメージできるかによって、のちのち英語力に差が出てくるものです。

 

留学中の英語を使う、具体的なシーンを思い浮かべる

留学の準備段階において英語を学ぶ上で最も重要なことは、留学先のどのようなシチュエーションでどのようなフレーズを使うのかを具体的にイメージすることです。簡単な挨拶や決まり文句などしっかり暗記していたつもりでも、それらを使う状況までを理解していないと、留学先で実際にそのフレーズを話す機会にスムーズに会話することが難しくなってしまいます。例えばホームステイ先で「Dinner’s ready!(夕飯ができたよ)」と言われたときに、「I’m coming(今行きます)」と返すなど、一つのフレーズだけというよりも前後の会話も含めて具体的な状況ごと覚えてしまうと、よりスムーズに英語を話せるようになります。ただただ英語を暗記するのではなく、その英語に対して自分がどれだけ具体的な状況を想像できるかというのが、効率的な英語力向上の鍵を握っているのです。

 

お問合せはこちらから!留学に関してなど、お気軽にお問合せください!

送信前にお問い合わせ内容を確認し、チェックボックスをクリックしてください。

入力していただいた個人情報について、不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう管理責任者を定め、個人情報取り扱い規定を整備し、これらの危険に対する安全対策を積極的に実施します。

入力していただいた個人情報は、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

入力していただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

個人情報の取り扱いの全てもしくはその一部を外部に委託する場合、委託を受けた者に対して適切な監督を実施します。